スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

新事実

►2013/02/06 23:38 

元夫に内容証明を出そうとサイトを調べると同時に
不動産屋で働いていた友人のアドバイスからひらめいて
大阪のマンションの管理人さんと連絡を取ることができた。
グーグルマップを使っただけですけどね。

附票の住定日は平成22年6月。
そこから数カ月住んでいただけで退去した、と。
その後別人が住んでいたがその人も退去し今は空き部屋になっているとのことでした。

これで手掛かりはなくなった。


そして今日の夜20時、息子と二人で近所の交番へ行き
捜索願を出しに行ってきた。
納得いかない。

続きはまた。



離婚のことComment(2) | Top ▲

コメント

名前と本籍地があれば、免許証を持っていたら現住所が分かりそうですけどね。
まだまだ、苦労は続きそうですね。
頑張ってください。


No:590 2013/02/07 06:25 | やんじ #-URL[ 編集 ]

やんじさんへ

免許証の住所は附票の住所だと思われます。
3年後の今年6月、免許の更新で次の住所が判明する可能性はあります。


No:591 2013/02/07 11:48 | しゅり #ew5YwdUcURL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。