スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

ご案内

►2007/11/05 03:21 

お客様のご入店があったら、席へ案内するのがご案内。
ナイト(私のシフト)では、席に余裕があれば決まったお席へご案内はせず、喫煙席と禁煙席の区切りがわかるように「お好きなお席へどうぞ」と、ご案内をしています。
でも2名で来て6名の席に座るお客の気がわからん。
4名の席でも十分でしょ。空席のほうが多ければ構わないので何も言いませんけど。

込み合っている時に2名様のご来店。こういう時は「こちらのお席へお願いします」と案内します。
しかし振り向いたら6名の席へ座ろうとしている!おかしいじゃろ。

お客様からのクレームで「席への案内がなく不親切」というのもあります。
決まった席にご案内してもその通り座るお客の方が少ない。ですから見たことのないお客様だと「こちら手前か、あちら窓側のお席好きなほうへどうぞ」とご案内。
それでも違う席へ座りたがるからこちらも難しいです。

今日ご来店のお客様。例の若い兄ちゃん。今日は彼女連れ。
私のお尻から腰を見て「ママ、肥えたでしょ」
きゃ~、二日連続でお尻の大きさの事を言われるなんて。
やはりどうにかせんといけん。

広島ブログ

バイトのことComment(2) | Top ▲

コメント

席と料金は比例するのですよね

昔、焼き鳥屋でバイトしていたときは、相席は当たり前でお客さんも承知でした。ですからバイトの腕の見せ所はいかに効率よく人数を詰め込むかでした。当然サービスも良くしますが。6人席に8人は当たり前でした。
でも、今はそんなことはできませんよね。みなゆったりと座りわりたがりますから。お店の思いなど関係なしで我がままを通すのが権利のようにね。そのくせ混んでいたら、座らせ方に文句を言うし。

お店の料金と客席の関係は比例します。ホテルのスイートが高いのは部屋の広さもですが、調度品も高級です。
食べ物屋さんでも同じで、一人当たりの空間の広さやお店の調度品や食器で値段が決まってくると思います。
クラブが高いのも、高級ソファーにゆったり座れ、また接待してくれるホステスさんも勉強をされていて教養もマナーもあるからです。

そうはいっても、今の世の中自己チューが多いですから、お客さんに対するサービスも難しいでしょうね。
学校の先生にさえ、あきれるようなことをいうらしいですからね。

食欲の秋ですから、馬肥える秋ですから、下半身が・・・・・・
仕方ないかもですね。(笑)


No:3 2007/11/05 10:07 | やんじ #-URL編集 ]

やんじさんへ

サービス業として一番大切な笑顔、言葉遣い、スマートさは心得ているつもりですが、「喫煙席と禁煙席、どちらが・・・」「お前はワシの顔を知らんのんか」と喫煙席に座るお客も居ます。(あんたなんか知るかっ!)
「ねぇ、これをこっちに換えてよ」とメニューにないものを注文する。
「これ前に食ったら不味かったー!わはは」等、信じられない言葉を発せられます。
料金とサービスも比例しますよ。人件費を削っているから少々お客様をお待たせすることもあります。
(安い店来て文句言うな)と心で叫び、笑顔で「申し訳ございません」です。

このブログは店員目線ですので、お気に触る箇所もあろうかと思いますが、ご了承願います。


No:4 2007/11/05 22:50 | シュリンプ #-URL[ 編集 ]

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。