スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

鬼ごっこ

►2008/11/25 17:33 

先週、昼間の仕事後用事があって遅くなったため、子供を連れてバイト先で夕食をとることにした。
時刻は19時40分。ちょうどラッシュ時にさしかかり店内は満席に近くなった。
料理を待っている間に信じられない光景。
後ろの席の母親2人に子供3人。
食事が終わったようで、30代半ばぐらいの母親たちは話し込んでいる。
子供3人は・・・店内を走っている。大きい子で小2ぐらい。
しかも「鬼ごっこしよう!」と言っている。
振り返って母親を見たが、子供を全く見ていない。
キャーキャー言ってるのは聞こえてるだろーが。
他のお客さんも走り回る子供たちを見ている。
私はすかさず母親の席に行き、「食事するところで子供たちを走らせないでください!」ときつい口調で言ってやった。
母親はキョトン顔。こいつら、いつもこんなんか・・・。
その時間の店員は二人とも20歳の子。子供にも親にも注意をしなかった。
もし私がこの時間帯の店員だったら、こんなクソガキと非常識な親に優しい口調で注意できない。
実際に注意した口調になっただろう。
そうすると「ここの店員感じ悪っ!二度と来ない」って思ったかも。
同じ客の立場でこのバカ親に注意できて良かった。
そそくさと帰っていったので、周りのお客様も溜飲が下がったことでしょう。
次のシフトの日、その日の日報を見たら「騒いでる子供さんがいて他のテーブルから注意を受けた」と書いてあった。
やはり他のお客様も同じように思っていた。
あれだけ騒いでいる子供に注意しない親、思い出してもムカムカする。
走ったり騒いでいる子供には店員がすぐに注意しなければいけない。
お客様は店員の行動も見ている。


広島ブログ

バイトのことComment(0) | Top ▲

コメント

Top ▲

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。