スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

オーダーミスは

►2008/07/21 03:06 

今日は忙しくて延長。しかもオーダーミスしてしまった。
その卓番に限って最後に復唱しなかった。反省。

オーダーミスをして余った料理は・・・
オーダーを取った人が従食を取っている人なら
自分の従食として処理することが多い。

従食とは、シフトの日に安く食事ができる特典。
これは1ヶ月毎での契約で給与から天引きされる。
食べなくても引かれるから、独身者はみな取っている。

私は深夜に毎回食事なんてしないから従食は取っていない。
店長の従食にしてくれたみたい。
ごめん、店長。

店長と言えば・・・
うちの親会社で契約店長の過労死問題がニュースで報道されていました。
どこの店長も同じくらい働いている。
うちの店長も朝から出勤し、私より早く帰ることはまず無い。
バイトの採用や使い方も関係はあるんだけど
なんとかしてほしい。
会社は社員を使い捨てとしか思ってないのだろうか。
店長もバイトもみんなクタクタ。

自分で本部に電話しようと思ったことがある。
「○○店は店員が少なくて料理が遅い。
店員さんは頑張ってるのに可哀想」←店員の接客は悪くないことを前提に(笑)

広島ブログ

スポンサーサイト

バイトのことComment(4) | Top ▲

母子家庭状態って言うな

►2008/07/09 11:35 

以前も記事に書いたことがあるけど(ココ)、今回はタイトルにさせてもらう。

先月の飲み会でのこと。
初めて会う仕事関係の人もいて、その人が無意識に言った。
「嫁さんが『うちは母子家庭状態』って言ってるし・・・」

あのですね、
母子家庭とは私のように母親が子供を養っている家庭のことを言うんですよ?
嫁によう言うとけ。

旦那さんの帰宅時間が毎日遅く子供が起きる前に出勤してしまうとか
出張が多いとか、子育てに非協力とかで
「母子家庭のよう」と思うのでしょう。

うちも離婚前の夫は土日祝は出勤、毎日帰宅は22時だったから
言いたい気持ちは少しは解る。

でも旦那さんは家族のために働いているでしょ。
子供と遊んでくれるでしょ。


本当の母子家庭は、遅くまで働いて家族を支えてるのは「母親」ですから。

私は体力も精神力も強いから昼も夜も働いてるけど
養育費の無い今、
もし私が体が弱くて働くところもなく収入もなければ
心中するしかないです。
その前に生活保護があるか・・・。

母子家庭には給料を持って帰ってくれる男性はいません。
「母子家庭のよう」とか「母子家庭状態」という発言は
とても不愉快なんです。

家族のために働いてくれている旦那さんに感謝してください。

そしてこの言葉がいかに配慮に欠けるか考えてください。

広島ブログ

離婚のことComment(10) | Top ▲

恋の話 2

►2008/07/08 11:39 

彼はあのかわいい笑顔で「久しぶりです」と言った。
私が出勤している曜日を知らないのに偶然会えて嬉しかった。

「もうひとり連れが来ます」
今まで一人でしか来たことが無いのに珍しいなと思い、サービスエリアに戻った。

他のお客様のレジが済んで千円札を束ねていたところ、一人の男性が入店し、私はレジに立ったまま「いらっしゃいませ」を言いながら顔を上げ驚いた。
その男性は私を無視してまっすぐと彼がいるテーブルに座った。

私は動揺を隠せない。
しばらくしてオーダーを知らせるベルが鳴った。
「ただいま お伺いします」
声が震えていたと思う。
私はいつも通りハンディ機を取り出し、復唱しながらオーダーを聞いた。
男性はメニュー表を見たまま顔を上げないので私は声をかけた。
「社長・・・」
男性は私の顔を見て驚き、それを見ていた彼も口をあけたまま驚いた。

後から来た男性は私の会社の上司であり、昼のパートに行き始めて1ヶ月くらいでした。
パートの面接をした時、深夜バイトをしていること、2ヶ月ぐらいで辞めることはきちんと話していたけど、私がこの店に居ることをすっかり忘れていたそう。

彼がお店に来なかった間、元夫の最初の借金発覚で私の生活も大きく変わってしまい、昼のパートと深夜バイトの掛け持ちがスタートしたばかりだった。

翌日、会社に行くと上司から彼のことを色々聞いた。
彼とは中学からの親友であり現在は親戚だということ。
私が働く店に一人で行っていたことは毎週のように会っていた上司も全く知らなかったこと。
仕事の帰りではなく、友人同士で飲んだあとに、うちの店に来ていたこと。
彼も子ありの既婚者ということ。
私のファンだったということ。
彼は嘘つきでお調子者ということ(笑)

数ヶ月後、私と彼は上司や友達も交えて、彼らがよく行く店で会った。
カウンターで隣同士に座った私と彼。
お互い好意を持っていたことを明かし、互いをべた褒めした。

「いつも何か言いたそうに帰りよったよね?」と私。
「やっぱ、わかった?楽しいひとときだったのに、K(上司)に夢を壊された」と笑いながら彼。

二人のなかではもう過去のことになってしまい、それから4年の間に10回以上は彼とお酒を飲んでいるし、カラオケもそのくらい一緒に行っているし、先月の会社の飲み会に来た時も1本のマイクを二人で歌ったりしたけど、彼に手を触れられたことも無ければメルアドも知らない。

恋心はお店の中に封印されたまま。
あの時、上司と二人で来なければ、どうなっていたかは分らない。
彼が一人でお店に来ることは、もう無い。

広島ブログ

バイトのことComment(6) | Top ▲

恋の話

►2008/07/04 13:44 

ウエイトレスをしていて、私はお客様に特別な感情を持ってしまった。

私がバイトを始めて1年も経っていない頃。
感じのよい爽やかな男性のお客様がご来店。
話し方も丁寧で見た目30才ぐらい。
Bzの稲葉さんをにこやかにした感じで華奢な人。
一度目のご来店で印象に残った。

0時を回ると一人で来られる。いつも作業服。
ご入店のチャイムに合わせてニッコリお出迎えをする店員の私。
同じくニコニコしながら「一人です」と、笑顔がかわいいお客様の彼。
空いていればいつもの禁煙席にご案内をする。

次に作業服で来られた時に「遅くまでお仕事なんですね」と私から話しかけた。
「そうなんです。最近は遅くて・・・」と少しだけ会話をした。

その後、私服で来ることもあったので、休みの日なのにこんな夜中に・・・
または一旦帰って着替えて来るということは・・・独身なんだろうと思った。

この頃は夜のバイトだけだったので私のシフトは基本的に週4。
彼は毎週のように来てくれた。多い時には週2回の時も。
これだけ頻繁に来てくれると、私も時計を見ながら「今日は来るのかな?」と
彼を待つような気持ちになった。

いつからか、彼に対して「いらっしゃいませ」が「こんばんは」「お疲れさま」になった。
会計の時、手が触れドキドキした。
彼は「ありがとう。おやすみなさい」と、とびっきりの笑顔で言ってくれた。
レジで私のことを褒めてくれたこともあった。

よく来てくれるんだけど、一人だから間が持たない。
食後はすぐに帰るけど、いつも何か言いたそうに「じゃまた・・・」と帰って行く彼。
小さく手を振る私。

私は二人の間に何かが芽生えたのを感じた。
もっと話がしたかった。きっと彼も同じはず。
いつ彼が来るか分らないから、出勤前は消えかけた眉を書き足しメークを直した。

ところが彼は来ない。
2週間が過ぎ、1ヶ月が過ぎ・・・・・・
彼はパタリと来なくなってしまった。
もちろん理由は分らない。

何とも言えない喪失感と虚無感。仕事中も溜息ばかり。
私から笑顔が消えてしまいました。
(うつ病ではありません)

ところが!
1年数ヵ月後、突然その彼が店に現れました。
お互いすぐに判り、空白の時間を感じさせないくらいの笑顔で懐かしく挨拶を交わした。

その直後に私は息もできないくらい驚いたのでした!!

長くなったので、つづく・・・

広島ブログ

バイトのことComment(6) | Top ▲

最終日に花束を

►2008/07/02 13:04 

昨年7月からバイトに来ていた主婦のSさんが先月末でバイトを辞めた。
私はシフトに入っていなかったので先輩Dさんにお願いして、もう一人の主婦と3人でお花を買い、渡してもらった。
Sさんは花束をもらうのが生まれて初めてで、バイトが終わったあと号泣していたとDさんから電話をもらった。
Sさんからもお礼のメールがきた。
私は「よく頑張ってくれて助かったよ。私も出戻りだし、またいつでも戻ってきてね」と返信したが、彼女が戻ってくることはないだろう。


花束をもらうのっていくつになっても嬉しいもの。
私も退職の時ぐらいしかもらったことがない。
歴代の彼氏からは・・・・・無い。
だって彼氏は元夫一人しか居なくて、元彼なんて私には居ない。
なんて寂しい独身時代。
その元夫からは1度あったかな。

(何かの記念日に)
元「買うものない」
私「花でいいよ・・・」
あんまり嬉しい花ではなかった。

結婚記念日に毎年本数を増やして奥さんへプレゼントするって話を聞くと羨ましかった。
元広島ブログの方でした。

以前は自分で花を買って飾ったり、玄関や出窓に活けたりしてたけど、今のアパートには玄関も出窓も無いからもう自分で花を買うこともなくなった。
書いててしんみりしてきた。

飾る場所がないから花をもらっても困るのだ!

ビール券をもらうほうが嬉しい。

広島ブログ

ひとりごとComment(8) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。